著作物の利用について

著作物利用許可申請書について

【よくある質問】
図書館での利用について お話会での利用について 学校での利用について
視覚障害者向けの制作物について

【そのほか】
お問い合わせ/申請書・掲載紙送付先 「著作権法35条から38条、43条」について

  • Q. 図書館だよりやブックリスト、図書館のホームページに本の表紙画像を掲載したい。

    A. 紹介の範囲内(画像は、表紙画像のみ可。文章は、あらすじの紹介程度に留め、本文転載は不可、紹介文は可。)であれば、ご自由にご掲載いただけます。掲載時に書誌事項(書名・著者名・画家名・訳者名・出版社名)を明記してください。また可能であれば、掲載紙ができあがりましたら郵送もしくはFAXで1部お送りください。

    ※紹介の範囲を越えると思われるような場合には、お問い合わせください。
    ※ディズニー関連の書籍の表紙画像に関しましては、許諾が別途必要です。
    著作物利用許可申請書 を小社宛にFAXしてください。
  • Q. 絵本や読み物のイラストやカットを図書館だよりやホームページなどにに使用したい。

    A. 基本的にお断りしております。絵本や読み物のイラストのように、作品全体で1つの世界を表現しているものの1部分を切り取って使用することは、作品の価値を損なうことになるためです。

  • Q. 絵本を使って朗読をしたい。

    A. 営利目的でない(入場料を徴収しない、朗読する人に謝礼が発生しない)場合、許諾は必要ありません。絵本を見せながら、原文のままで朗読してください。また、「効果音をつけて」や「音楽を流しながら」というお問い合わせをいただきますが、そちらも上記条件でお使いいただけます。〈 著作権法第38条 営利を目的としない上演等 〉をご参照ください。絵を拡大したり、脚色をするなど、原書を加工して使用される場合は申請が必要です。次の質問をご参照ください。
  • Q. 絵本をプロジェクターやパワーポイントで拡大して上映・読み聞かせをしたい。

    A. こちらも著作権者の許諾が必要です。著作物利用許可申請書 をFAXしてください。著作権者に確認をとって、使用の可否をご連絡いたします。
  • Q. 絵本を元にした制作物を作成したい。
    (パネルシアター・ペープサート・エプロンシアター・人形劇・布の絵本など)


    A. 著作権者の許諾が必要です。著作物利用許可申請書 をFAXしてください。著作権者の確認を得て、こちらからご連絡いたします。
  • Q. 絵本を拡大して複製したい。

    A. 基本的にお断りしております。大勢の人に見せるという理由で安易に拡大することは、同一性保持権に抵触すると考えるためです。小社では一部の作品については大型絵本のビッグブック版を刊行しておりますので、図書館で借りられるなどしてそちらをご利用下さい。
    〈ビッグブック一覧〉

  • Q. 学校の授業で出版物をコピーして使いたい。

    A. 許諾は必要ありません。〈著作権法第35条 学校その他教育機関等における複製〉の中で『学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者および授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。』と定められております。ただし著作権者の利益を害することもございますので、授業等での複製は1クラス分(約40名分)程度に留めていただき、使用後はすみやかに回収して破棄してください。

    ※上記の「授業の過程」には、クラスでの授業(研究発表会含む)・学校行事・ゼミ・出席や単位の取得が必要なクラブ活動などが含まれます。教科研究会・サークル活動・同好会・学級/学校通信等への掲載等は含まれませんのでご注意ください。
  • Q. 文章を入試問題に使いたい。

    A. ご自由にお使いいただけます。〈 著作権法第36条 試験問題としての複製等 〉 の中で『公表された著作物については、(中略)当該試験または検定の問題として複製することができる』と定められています。ご使用になった際は、事後で結構なので、その旨小社までお知らせください。ただし、入試問題のサンプルや過去問としての使用など、本試験と異なるものは、著作権者の許諾が必要で、使用料をお支払いいただくことになります。FAXにて小社までお問い合わせください。

  • Q. 視覚障害者のために点訳、または録音図書を作成して貸し出しをしたい。

    A. 許諾なしでお使いいただけます。〈著作権法第37条 視覚障害者等のための複製等〉の中で『公表された著作物は、点字により複製することができる。』と定められております。ただし、録音図書の場合は、「視覚障害者その他視覚による表現の認識に障害のある者の福祉に関する事業を行う者で政令で定める者」に限定されますので、それ以外の施設の方々は、著作権者の許諾が必要です。著作物利用許可申請書 をFAXしてください。
  • Q. 視覚障害者のために布の絵本を作成して、図書館で閲覧・貸し出しをしたい。

    A. 録音図書作成と同様、「視覚障害者その他視覚による表現の認識に障害のある者の福祉に関する事業を行う者で政令で定める者」以外のかたは、著作権者の許諾が必要です。著作物利用許可申請書 をFAXしてください。著作権者の確認を取ってからご連絡します。

    ※ 上記以外のご利用については、FAX・メール・郵便などで必ず小社へお問い合わせください。
    ※ 上記回答はあくまで偕成社の基準です。他社のものについては、当該出版社に直接お問い合わせください。同様の回答が得られるとは限りませんのでご了承ください。

  • 偕成社 編集部
    〒162-8450 東京都新宿区市谷砂土原町3-5
    FAX03-3260-3540

該当項目が見つからない場合は、下記検索フォームにキーワードを入れてサイト内検索、
または お問い合わせフォーム からお問い合わせください。