児童文学作家の末吉暁子さんが亡くなられました

『かいじゅうになった女の子』(偕成社文庫)

児童文学作家の末吉暁子さんが2016年5月28日に、亡くなられました。73歳でした。

偕成社から『かいじゅうになった女の子』でデビューされた末吉さん。『星に帰った少女』(日本児童文学者協会新人賞受賞)『黒ばらさんの七つの魔法』『雨ふり花さいた』(小学館児童出版文化賞)などのファンタジー作品のほか、幼年童話シリーズ「シルカ小学校のブキミともだち」(全5巻)、絵本 『もりのかくれんぼう』(絵:林明子)など幅広いジャンルの作品を手がけられました。2015年7月刊行の、日本の古典を題材にした長編ファンタジー『波のそこにも』が最後の作品となりました。

ご冥福をお祈りいたします。