荒井良二さん新たな傑作『きょうはそらにまるいつき』/イベント情報

きょうはそらにまるいつききょうはそらにまるいつき荒井良二 作・絵

学校の帰り道、会社の帰り道、ふと見あげた空に、まんまるいお月さまを見つけると、なんだかとってもうれしい気持ちになりませんか? 『きょうはそらにまるいつき』はそんな、ささやかなよろこびを夜の情景のなかに描いた荒井良二さんの新刊絵本です。
公園の祭りの明かり、暗い海でしぶきをあげるクジラ、暮れた街に映えるあたたかな光…どの見開きもうっとりするほど美しく、奥深く、そしてどの夜空にもかがやくまんまるのお月さまが、幸せな気持ちにさせてくれます。
2011年に刊行された『あさになったのでまどをあけますよ』の姉妹版ともいえる、思いのこもった絵本です。ぜひお手にとってみてください!

◉編集者のことば
ふと見あげた空に満月をみつけたときのうれしさ。それはきっと、子どもにも大人にも共通のものじゃないでしょうか。大よろこびをするほどのことではないけ れど、いろんな場所で、それぞれの人が、おなじ月を見あげてうれしい気持ちになっているとしたら、それはとてもすてきなことだという気がします。そのうれ しさは、日々の暮らしの中で受け取る、ささやかなごほうびのようなものなのかもしれません。
荒井さんが描く夜の風景は、しっとりとした闇とあたたかな街の灯りが美しく、その中で営まれる人々の暮らしが愛おしく感じられます。そして、そのすべてを静かにてらす月の光の清らかさ。ゆっくりとページをめくって読んでいただきたい絵本です。

---------------
イベント情報
---------------

★荻窪の書店titleにて、パネル展開催中! 10月28日(金)にはトークショー&イベント開催。[受付終了しました]
http://www.title-books.com/

★10月23日(日)丸善丸の内店でサイン会開催!
http://honto.jp/store/news/detail_041000019920.html

★クレヨンハウス東京店にて、原画展開催!会期:10月12日(水)~10月31日(月)
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/1610maruitsuki.aspx



 

著者紹介
作・絵:荒井良二
1956年山形県生まれ。『ルフランルフラン』により日本絵本賞を、『たいようオルガン』によりJBBY賞を受賞するほか、ボローニャ国際児童図書展特別 賞、小学館児童出版文化賞、講談社出版文化賞絵本賞など受賞多数。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。主な 絵本に『バスにのって』『スースーとネルネル』『はっぴぃさん』『きょうというひ』『えほんのこども』『うちゅうたまご』『モケモケ』などがあり、その他 に作品集『metaめた』、マンガ『ホソミチくん』なども刊行している。