エリック・カール スペシャルサイト

はらぺこあおむし

世界中で愛されている、カールの代表作『はらぺこあおむし』の魅力をご紹介します!

おはなし

にちようびの あさ うまれた ちっぽけな あおむしは、 おなかが ぺっこぺこ。
げつようびには りんごを ひとつ、 かようびには なしを ふたつ……。
たくさん たくさん たべて、 ふとっちょになった あおむし。
さなぎになって、 さいごは うつくしい ちょうちょに へんしんします。

だから子どもたちは大好き! 『はらぺこあおむし』6つの魅力


1ページにあいた小さな穴のしかけ
まだお話を理解できない幼い子どもたちも、穴に指を入れてあそべます。「さわれる本、読めるおもちゃ」を作りたいという、カールの願いから生まれたアイデアです。

2希望に満ちたストーリー
小さなあおむしが、大きくなって、最後は美しいちょうになる、という物語に、子どもたちは安心し、「大きくなる」ことを、希望と期待をもって受けいれるようになります。

3おいしそうな食べもの
あおむしが食べるのは、りんごやなし、ケーキやキャンディーなど、どれも子どもたちが大好きなものばかり! 絵本の中で夢がかなえられ、いろいろな食べものの名前もおぼえられます。

4数がおぼえられる
1このりんご、2このなし、3このすもも……。読みながら、しぜんに数をおぼえられます。

5ページからあふれる色彩
色の魔術師とも呼ばれるカールが生み出す豊かな色彩が、心を生き生きさせます。

6社会のしくみを知る
満月の土曜の夜から始まり、日曜の朝の太陽をむかえ、月、火、水……とあおむしの元気な活動のあと、ふたたび日曜がやってくる──。 1週間の曜日や、太陽と月が関係する1日の日のめぐりに沿ったストーリーが、自然や社会のしくみを教えてくれます。

いくつ知ってる? いろんな『はらぺこあおむし』


〈通常版〉
はらぺこあおむし
一般的な大きさの元祖『はらぺこあおむし』。

〈ボードブック〉
はらぺこあおむし
いちばん人気! 硬くて丈夫な合紙、単行本サイズで持ち歩きやすい。

〈ミニ版〉
はらぺこあおむし
ボードブックよりさらに小さい文庫サイズ。こちらは通常の紙です。プレゼントにも。

〈ビッグブック〉
はらぺこあおむし
大人数での読み聞かせにぴったり。幅1mの特大版。

〈ポップアップ〉
はらぺこあおむし
あおむしが動き、果物やお菓子が本のなかからとびだす、しかけ絵本。

〈英語でもよめる〉
はらぺこあおむし
日本語と英語を併記したバイリンガルバージョン。

〈ぬり絵本〉 わたしだけの
はらぺこあおむし
線画の絵に自由に色をぬって、世界でたった一冊の絵本に!

〈フリップフラップえほん〉
はらぺこあおむし
アコーディオンのように折りたたんだり開いたりできるしかけ絵本。プレゼントにも。

はらぺこあおむし+CD絵本うた プレゼントパック
「はらぺこあおむし」の歌(ほか2曲)が入ったCDと、『ボードブック版はらぺこあおむし』のセット。

はらぺこあおむし+ぬいぐるみ ギフトセット
はらぺこあおむしのぬいぐるみと、『ボードブック版はらぺこあおむし』のセット。